総論1-お金の使い方の分類-3種類

    お金の使い方の分類 - 3種類

    3種類のお金の使い方

    お金の使い方を3つに分けて考えます。

    消費生きるために必要なお金の使い方
    浪費返ってくる見込みのないお金の使い方
    投資将来利益になる見込みのあるお金の使い方

    投資をやる上でこれらのお金の使い方の理解は必須です。

    トレーダーとしては自分が支払うお金がどういう意味で出されたものなのか常に考えるようにしてください。

    1, 消費

    消費とは、生きるために必要なお金の使い方です。

    例として、食費、光熱費などです。

    消費のお金を支払わなければ生きていくことができなくなるので、このお金を0にすることはできません。

    しかし、消費を削減することは可能です。

    自分の生活の中で当たり前になってしまっているものに目を向けて無駄を省くことを考えれば消費を減らすことができるかもしれません。

    投資を学んだことをきっかけに自分の消費を今一度考えることができればそれだけで利益を得られたと考えることもできます。

    2, 浪費

    浪費とは、返ってくる見込みのないお金の使い方です。

    例として、遊興費などです。

    浪費のお金は支払わなくても生きていけるものなので、このお金は0にすることができます。

    FXのトレードの中でも「トレードがしたい」「損切したくない」などの感情判断でトレードアクションを決めてしまうことになると浪費的なトレードになってしまいます。

    トレーダーとしては浪費0を目指すように考えていきましょう。

    3, 投資

    投資とは、将来利益になる見込みのあるお金の使い方です。

    例として、株式投資やFX、他にも学校に通うこと、資格をとること、本を買うこと、人とのつながりを築くための遊興費なども投資になります。

    投資のことを何も知らないまま毎日を過ごしていたとしても実際は誰しも投資をしながら生きています。

    浪費と投資の分岐点

    先ほど例としてあげたように単なる遊興費は浪費にあたりますが、人とのつながりを築くための遊興費は投資になることもあります。

    逆に、本を買うという行動は投資になりやすいものですが、場合によっては浪費にあたることもあります。

    この境界線はどこにあるのかというと、将来の利益を自分が見込んでいるかどうかです。

    他人から見たら浪費のように見えるお金の支払いであっても、自分が利益を見込んで支払ったお金であれば投資と言えます。

    「投資には正解がない」とも言われるように、他人から見て絶対に間違いとも言えませんし、自分から見て絶対に正しいとも言えません。

    最終的に利益になるかどうかとそれを見込んで自分が支払っているかどうか(反対に損失になる可能性も受け入れているか)が重要です。

    人間にとっての敵は感情

    消費が大きくなる原因、そして、浪費をしてしまう原因は人間の感情です。

    「欲しい」という気持ちが出れば多少割に合わなくても買いたくなります。

    「損をしたくない」という気持ちが出れば将来の見込みに賭けた行動ができなくなってしまいます。

    FXにおいて感情判断によるトレードアクションは投資ではなく浪費になりやすく、浪費のトレードは勝っても負けても一時的なもので次に繋がるものが得られません。

    トレーダーとして自分の感情を管理して感情判断の行動を減らしましょう。

    今自分がやっている行動が消費なのか、浪費なのか、投資なのか、自分で選択して支払いができるようになるのが目標です。

    EthanFXではこちらのリンクからXMの口座を開設された方のトレードをサポートいたします。お問い合わせからご連絡ください。
    XMTrading口座開設

    コメントを投稿する

    同じ日に同一内容を送信することはできません。また、本文には必ず日本語を含めてください。